上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、不妊治療再開するかもなんてタイトルに書きましたが、切実に考えています。で、出産で帝王切開されて、少なくとも1年は待ってくださいなんて言われた方も多いと思うんですよね。この1年って、高齢妊娠の40台の方にはかなり貴重な時間で、卵は日に日に年老いていくのと、体力の回復や体調の回復、そして、閉経の不安もあったりして、いつ始めればいいのかなーって結構考えてしまいます。勝負の分かれ目は再開の時期にかかっていたりしてなんて思うことも。


昨日のクリニックではかなりいろりろお話聞いてきたので、Y先生の見解まとめてみましたので、高齢の方、帝王切開の方、ぜひともご参考に!


質問  帝王切開の場合、傷口が開く危険性があるので最低1年は次の妊娠まで空けてくださいねといわれたのですが…
解答  そう一般的にはいうけど、そうはいっても妊娠する人結構いるし、問題なく産んでるから高齢不妊治療ともともなるとあんまり気にせんでいいよ。だれもおろせとは言わないし、なんとかしてくれます!それに、妊娠中10か月あるんやから、1年くらいは出産のころには経ってるし、傷は癒えているよ

注意)帝王切開の担当医の話によると、妊娠後期あたりになるとお腹が大きくなり傷口の皮膚がかなり薄くなるらしい。そして、帝王切開では3度の出産が限界だと言うことです。

質問  ではいつくらいから不妊治療を再開すればいいですか?
解答   生理始まったらすぐに不妊治療の病院に行きなさい。採卵などすぐ始めないまでも、最初の生理がきたら基礎体温つけ始めて一般不妊検査を受けて、準備に入りなさい。もちろん、体調が整っていることが前提だけど。ようは、のんびり死している暇はないよということです。


質問  では肝心の妊娠の可能性は…
解答   もちろん年々厳しくはなっていくけど、42歳、43歳での妊娠率も最近は上がってきているので、一度妊娠して出産してのだから急げばチャンスはちゃんと残されていると思うよ。



要は、急げということ、そして、42歳、43歳あたりで不妊治療を開始したほうがぐっとチャンスは上がると言うこと、帝王切開の時間的制約はもう後回しにしていいということです!そんなことより年齢食うことを回避することが先決ってかー 


そして、さすがY先生、不妊治療に命をかける男!子宮がん検診できたのにちゃんと卵巣をエコーでみてくれて発育具合や卵巣の腫れがないかどうか子宮の内膜の様子なども診てくれました(笑)そして、卵巣には小さな卵胞が左右に3-4個ずつあるので卵巣は生理再開に向けて働き出している模様。一安心です!私は誕生日の3日前に出産でした。40歳の出産といっても、実質ほぼ41歳。結構閉経するんじゃないかと心配だったんですよね。でもすでに卵胞が順調に育ち始めているので、閉経の危険は免れそうかな?なんていっても生理ないと不妊治療さえできないですからね。予想では年内には生理が再開するのでは?と言われました。となると、生理が来て、順調に2相で移行する基礎体温で生理が2度ほど来てくれたら春に再開するというのが最短コース。娘が9カ月くらいになっているころです。


早っ!!!!


ま、そこまで早くなくとも、娘が1歳の誕生日を迎えるか迎えないかくらいが一つの目安なのかなと思っています。


でも、実は私は復職というか家計の助けと言うか職場復帰も念頭にあって。いったん復職して、また運よく妊娠して出産となるとまた仕事止めて、出産後に再び仕事探しからなんてかなり面倒でエネルギーいるし。しかも職場復帰は45歳頃…そんな年になって仕事みつかるのかな???という心配もあったりして。キャリアを完全に捨てるのも勇気いるけど、子どもや家庭を築くことも人生の中で大きな意味を持つし、仕事の復帰は無理とあきらめて第二子に挑戦するか…結構いろいろなこと選択せまられてるのです。そりゃー運よく全部うまくいくかもしれないけど、最悪の場合は治療の成果もなく仕事も復帰できず…もちろんなんでもやってみなけりゃわからないんでうすけどね。。。考えてもラチあかないし考えるだけ無駄なようなきもするけど、ある程度は考えないと~~~なんて堂々巡りなコメントになってきました すみません…


なによりも、育児しながら体力も気力も保ち続けれるかどうかが大事なような気もします。はい(笑)これってワーキングママとしての高齢出産、高齢育児の悩みどころのような気がします。年はとっても体力と気力を維持すること!!!うーーん大事だ!!!


今はまだ時間あるので、とはいえ、期限付きであんまりたっぷりの時間はないけど、慣れない育児しながら頭の片隅でぼーっと考えてみます。まずはぱいをちゃんと育てないとね。みなさんはどうしてるのかな…ぜひともコメント聞かせていただければうれしーです。


↓ブログのカテゴリーに「高齢ママ育児」を追加しました♪


応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト





37w4dのぱいぽこりん♪
BPD:98.6mm
FL:69.4mm
推定体重 3250g これまた計測ってどうなってる!?!?先週よりいきなり500gUP

37w4dの妊婦♪
子宮底長 32cm 前回といっしょ~
腹囲 88cm 前回より+1㎝
体重 妊娠前より+6.5㎏
今週も引き続き足がむくんでる~こんな足みたことないです。足の甲が特にすごい…
そして、さらに貧血出てます。Hb8.5となり引き続き鉄剤の注射となりました


今日はいろいろハプニング続きでした。実は、お財布忘れたことに血液検査&尿検査してから気づき、診療費はさることながら駐車場代もない状態に気づき看護婦さんに恥ずかしながらも事情説明 外出許可を出してもらって駐車場のおじさんに見せていったんお財布を撮りに帰るといったひと騒動を朝一でやらかしてしまいました。自分のドジさが情けない…そして帰ってきたら満車でNSTにこぎつけたのは昼前。朝一できたのに~ 


そんなこと意にも解せずNSTでは暴れまくって元気ぶりをアピールしてくれたぱいちゃんに癒され、引き続き診察へ。すると次なるハプニング

(エコー見ながら)
:「またBPD(頭囲)も大きくなってますね…うん、うん、成長してますよ…うん、うん………推定体重3250gになってますねええええーーーー」
:「私もえーーーですが本当ですか?」

ゆるキャラおとぼけキャラの先生が大きな声出したのはじめて聞きました。

:「こんな小さなお腹に3250gの赤ちゃんが入っているのは信じがたいですね~どこにはいってるんでしょうか?」
:「私が知りたいです…」
:「うーん、頭が大きく測れすぎたかな???」
(なんども測定しなおしつつ…)
:「うーん変わらないないな…ま、成長してるので小さくなることはないけど僕の経験値でいくと2900位で生まれてくると思ってたんですが。お母さんの妊娠前と比べてそんな体重も増えてないし、お腹もそんな大きくなってないし、順調に赤ちゃん成長していますが、39週前に3200超えだとびっくりしちゃいます。」
:「はい(私もビックリです…)」



前回はその前の検診より初回の測定で小さくなってたので測り直したというハプニングがあったんですが、今回は1週間で500g以上の成長。前回の初回の測定と比較するとなんと1週間で850gの成長と言う追い込みぶり。エコーってあてにならな~い!!!でも、うちのぱんだぱぱは3800gで生まれたビッグベビーなので、彼の遺伝子を受け継いでいたら39週で3250はまんざら嘘でもないような気もするけど。いやいや、ちょっとこのお腹の大きさでは考え難いです。ま、先生は2900位じゃないかな~って言ってました。何gで出てくるか手術当日ちょっと楽しみです。


残すところあと2日。いよいよ明後日は入院です。私の帝王切開は入院翌日の朝一のスケジュールで組まれているようで、18日午前9時スタートすることになっています



今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村





2010.04.14 18歳の母



先日、病院で開催されている母親学級に参加してきたのですが、妊娠しているという共通項以外は、基本的には参加者の共通項ってないですよね?年齢もさまざま、職業もさまざま、妊娠するまでのいきさつも妊娠してからの経過もさまざま…いろいろな人が参加していて、普段なら会うこともないような人にも出会えて、結構意義深いものでした


まず、自己紹介があったのでそれぞれの状況がなんとなく分かったのですが、不妊治療でようやく授かった人、思いがけず授かった人、過密スケジュールをこなすバリバリのワーキングマザー、切迫早産で自宅安静をずーっと強いられてるプレママも、転勤族で他県出身のプレママ、高齢初産プレママはもちろん4人目のお子さんを妊娠中というベテランママとざった聞いただけでもいろいろな人が…確かに、地域の高度医療センターだから、若い人より高齢出産の人も多いしトラブルのある人も比較的多いかもしれません。現に、30代の人が多く見受けられた印象がありました。そんな中に18歳のプレママが私の娘でもおかしくない年齢です ういういしくて、とても愛らしい 



高齢になってからの不妊治療を経てようやくここまでこぎつけた私は本当に妊娠&出産するなら若い方が楽だなーといつもいつも思っていて、もちろん、高齢になった理由はそれ相応にあり、自分の人生の責任なので後悔はちっともしていないし、しても始まらないし(笑)それはそれなのですが、だって、私は若いころは妊娠なんて考えられないと思っていたけど、今はそれはそれでいいこともいっぱいあっただろうなと思うからです。第一に体的にはかなり楽だっただろうなと思うし こと、妊娠に関してはもっと楽に授かれるんじゃないかな~時計の針は逆戻りしてくれないので、高齢不妊治療の人には「若さ」って喉から手が出るほどほしいもの…ですよね?でも、残念ながら、その頃私には子どもを欲しいと思う相手もいなかったし、そういう感覚もなかったし。終わった話はよいとしても、これからのことでいうと産後の回復や育児に必要な体力という点でも若い方が余裕をもって臨めそう…(笑) 私の周りの高齢ママが口をそろえて「産後はきついわー1-2カ月は死んでるよ…」と言うし そんなわけで、単純に18歳のプレママがちょいとばかりうらやましかったりして



トイレ休憩があって、たまたま彼女が隣にいたので、「若くに妊娠して子どもができてよかったね~うらやましいよー」っていったら「ほんとですか?ありがとうございます!周りの人には早すぎるって言われて…」って。きっと若年妊娠には若年妊娠なりの不安や大変さがあるんだろうなーっと感じさせる一言でした。もう一人いた高齢プレママもやはり「ほんと若くていいわよ~」なんて。すると彼女が「実は、私が母が36歳の時の子供で、ずーっと『子ども産むなら若い方がいいよ』って言われてたので早く出産はしたかったんですが…ちょっと確かに早すぎたんですけど(笑)」と付け加えました。きっとお母さんは私たちと同じような苦労されて同じような気持ちだったんだろうな~私もぱいちゃん生まれてきたら彼女のお母さんのように「産むなら若い方がいいよ」って繰り返し言ってそうな気がします


18歳の時、私は子どもを育てるなんてほんと想像もできなかったし、まず、第一にそんな責任取ろうと言う覚悟が全くできなかった。怖いし、とにかく大変そうで、自由という名の気楽な毎日を楽しんでいたかったし。そう思うと、18歳のママがたくましく勇気のある女性に見えて仕方なかった。しゃべり方もあどけなく、見た目はまだまだ高校生のような幼い顔立ちだけど、芯にある強さと言うか覚悟と言うか。どっちが大人なんだかと思わされる始末。早すぎる妊娠と言われて辛いこともあると言ってたけど、そんな人目にもまれて強くなったのか、物おじしたところがなく堂々とした妊婦ぶりで凛々しく美しかったです なんというか、少女ではなく女性の美しさと言うか…きっと私には想像もつかない苦労や悩みが18歳の妊娠・出産にはあると思うのですが、話しているうちにうらやましいという気持ちだけじゃなくて応援したくなる気持ちや尊敬の念が出てきたんですよね。



高齢出産は高齢出産なりの大変さが、若年出産は若年出産なりの大変さがあるのと同様に、妊娠方法、分娩方法、病院と妊婦さんを取り巻く状況や環境も百人百様で、それぞれに大変さがあるし、また、それぞれの感動や喜びがあるんだなーとつくづく思えたりして。きっと一生懸命に自分が納得して最善を尽くして、自分なりの妊娠、出産、子育てができれば、それがその人にとってのいい妊娠であり、いい出産であり、いい子育てなんでしょうね♪♪ そして、私もそういう風にできたらなー


今後どんな後期妊娠生活を送ってどんな出産になることやら…まずは一日一日を大切にぱんだぱぱとぱいちゃんと少しでも楽しい時間を過ごして、無事に乗り切っていかないとですね。後期に入り大きなお腹を見るにつけ責任の重さをさらに実感したりして、不安と期待で目が回る40歳の毎日です





今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村










またまたすしちゃんネタですが、昨日、5日の長い東京出張からぱんだぱぱが帰ってくると、入れ違いのように東京の仲良しPさん&Mちゃん夫婦から電話が入りました。私がかねてからすしの命日が「第一関門の25週の壁」に続く「第二関門」と以前話していたことを覚えてくれていたからです


Mちゃん自身も40歳のときに自然妊娠しての高齢出産で3900グラムの元気な男の子を生んだ、スーパーポジティブな女性。スカイプのビデオ電話で話していたのですが、第一声は5歳になったわんぱくRくんと三人そろっての元気いっぱいのお祝いの言葉でした


「ぱんだまま~ぱんだぱぱ~第二関門突破おめでとう~





いやー覚えてくれてたんですね こうやって覚えてくれて電話もらえるとうれしーもんです。しかもちびすけのRくんも、ふざけながらおめでとーなんて言ってくれたりして。覚えてくれててありがとうなんていうとラテン気質のハイパーMちゃんの返答は…



「あったりまえじゃん!
カレンダーに印つけってるっつーの!」




いやー命日の最後は、ポジティブなエネルギー満載の一家からの電話
やっぱ、すし太郎の命日はめでたいな~(笑)





今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村



2010.04.01 春のお届け物



私の両親は流産したときそばにいましたが、すし太郎には会いませんでした。きっと辛かったのでしょう。それに、妊娠中も私は実家を離れているので、一緒に過ごした時間はほとんどありませんでした。なので、すしへの命の実感が希薄だったのかな~と思います。それはでもある意味とても自然なことでもありますよね。たくさんの時間を過ごすと、愛情や思いも強くなって… 


きっと私たち夫婦の次にすし太郎とたくさんの時間を過ごしてくれたのはYちゃんです。採卵からはじまり、妊娠検査の陽性と受精卵のころからすしを見守って一緒に一喜一憂してくれ、そして、今日の命日を覚えてくれていた数少ない人の一人です。


散歩や外出を制限されている私にはお花を買いに行くのも正直一仕事で、なんとか近くの花屋でかった一輪の黄色いお花を飾ってましたが、ちょっと寂しーお仏壇だなと思っていたところに、そのYちゃんがすしにぴったりの元気なハチが飛んでいるお花を持ってきてくれました 


100331_1945~01



なんとも以心伝心 ほんと嬉しかったなー
お線も香上げてくれて、じーっとすし太郎の仏壇の前で静かな時間を過ごしてくれて、そしてなによりも素敵な一言を贈ってくれました



「すしのおかげで今ぱいちゃんが元気に育ってるよ~」




私たち夫婦と一緒にすし太郎の命を喜んでくれて死を悲しんでくれて、そして、すし太郎の短い人生をちゃんと受け止めてくれていることに心底感動しました。そして、今またぱいちゃんの命も大切に思ってくれていることにどう感謝のことばを表現していいやら…ありきたりだけど、本当にありがとう



Yちゃんがお花と一緒に届けてくれたものは、ほしいからと言って必ずしも手に入れることのできないものでした。こんな瞬間があるから人生いろいろ嫌なことも乗り切れたりするのかな。すし太郎にも私にもお腹のぱいちゃんにもほんとうに素敵なプレゼントでした




今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。