上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3カ月半頃 


2カ月の半ばころから角度によっては首もだいぶしっかりはしていたけど、後ろや前にガクンとなることもあり、支える手が必要だったりして、「据わる」というまでは程遠かったのが、3カ月前には自分で首を持ち上げるしぐさをしたり、寝ていても頭をいろんな方向に置き換えたりして、出会った人からは「もうずいぶん首が据わってるわねー」と言われ始めてたので、いつ座るのかな?いつ据わるのかな?と気にはしてましたが、あら!据わってる


知らない間に据わってました…いつの間にやらですね。そういえば、最近全然だっこのときも支えてなかったかも。寝返りゴロゴロして首も据わってこれでまた一つ成長したのかな。子どもの成長って親の知らない間に進んでいくものかもと思わされた日でした。





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
去る9月末、私の弟夫婦が甥っ子つれて福岡に遊びに来てくれた時にぱいの百日祝いとお食い初めをやりました~ 健康に育ってほしいという気持ちでやったつもりなんですが、弟には「はーい、ここにも親ばか二人誕生~」なんて言われ(笑) ま、まさしくその通り。


前日に佐賀県は有田の深川製磁の本店までお食い初めの食器買いにいったりして。はい、親バカです 行くと愛子さまご愛用の格調高いお食い初め食器が置いてあったりして。そりゃ素敵ですが、庶民にはもったいない。しかもお茶碗一つ数万円なんて買えない!!!


うちは深川製磁のアウトレットで購入(笑)でもなかなか素敵なもの見つけましたよ~全部で2500円程度。でもよいお買い物でした。陶器のちゃんとしたものを買ってあげたいけど、あんまり何万円も出すのはちょっと違うかなと。伝統的な毬のモチーフが絵付けされている女の子らしいお茶碗です。


101006_1109~01
↑ちょっと光の加減で見えにくいけど金彩も入っておめでた感もあります


お食い初めの料理のメニューはこちら♪一汁三菜を基本にするらしいけど…

その1 タイのお頭つき←とはいえ、小さなれんこだいにしました。グリルで焼けるのはこれが限界…
その2 筑前煮、かぼちゃの煮つけ、ヒジキの煮つけ、小松菜のお浸し←健康を願って。一汁三菜の三菜です。ちょっと多くなりましたがご愛嬌
その3 自家製梅干しとお漬物←なんでも丈夫に育つようにメニューに加えるのが常識だとか
その4 石!?!←歯固めの意味があって、丈夫な歯が生えることを願ってお皿に乗せるみたいです
その5 小豆玄米←お赤飯が一般的だけど、より健康になるようにそしてめでたい小豆を加えて!
その6 蜆のお味噌汁←ハマグリのお吸い物が一般的のようですが、シジミは肝臓強くするのでぱんだまま流に!


RIMG0628.jpg↑何とか体裁整えました(笑)


全体的に通常のお食い初めのメニューより質素になりましたがぱんだ一家にはちょうどいい。より自然な料理で健康的にしたつもり。もちろん赤ちゃんは口にしないので自分たちで全部いただきましたが、一応、梅干しも含め石以外は全部手作りです。弟夫婦が来てくれたおかげで子守りしてもらっている間に2時間ほどで根性で用意しました(笑) やっぱ大勢で祝うのがいいですね~ぱいちゃんもご機嫌で料理に興味津津。目をくりくりさせてましたが、それもつかの間で大声で泣き始め…いやーにぎやかに家族の新メンバーお出迎えとなりました こういう行事を通して、だんだん一人増えたって実感がわくんでしょうかね。少しずつ少しずつイッチョ前さんになっていくのを見るとほくほくした気分になりますね♪いやー親ばかだ。




応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村
2010.10.06 喃語の始まり
生後3カ月半ば


生まれたての頃ってただただ寝ているか、起きたらウギャーとなくだけ。私の思いっきり先入観いっぱいの赤ちゃんのイメージは「バブバブ」あんなふうに赤ちゃんの言葉をしゃべるのがしばらくたってからとは全然知らず、最初は驚きました。そして、2カ月を過ぎたあたりからご機嫌なときは「クークー」と息を鳴らしたような声をたてたり、不快な時な「きーきー」言ったり。泣き方にも甘え泣きや腹空き泣きや不機嫌だったり深いだったりでぎゃんぎゃん泣いたりと多少のレパートリーも泣き方に増えて、多少の意思疎通が一方方向ですがでてきますよね?

私は暇にまかせて、ご機嫌な時を見計らっては、あーいーうーえーおーとか言ってみたり、話しかけたりしてるんですが、2カ月後半あたりから母音らしきものを繰り返し言っているなーと思っていたんです。でも、それはその音を一度言うだけで、発音できる音の種類が増えたような印象を与える程度でした。ところが、3カ月を過ぎたあたりからその母音を組み合わせて話しかけるように声の抑揚をつけて「あーあーうーうーぐうぐうーふえふえー」とまるで何か伝えているようになりました。そして昨日も友達のYちゃんが遊びに来てるとき彼女がぱいにいっぱい話しかけているとき「ひふひふーあむあむーうーうー」とガールズトーク♪今日の朝も単発で発していた音が、すっかり文章のように音を組み合わせて話している。意味は分かりませんが(笑)明らかに言葉のような感じです。


喃語の定義ははっきりとはないみたいですが、最初の母音を単音だけで発するのはクーイングと言われ、4カ月くらいから多音節からなる音(「ばぶばぶ」など)を発するようになるのを喃語というそうな。意味はないけど言葉のような感じでお話していることは間違いない!少なくとも私の話をまねているような感じです。

ゆっくり口を大きく空けて、顔の表情を大げさに話しかけてあげると、興味深くこっちを見て口を同じように空けようと一生懸命です。なかなかうまくできないけど、それがぱいにとっては遊びのようで楽しそうです。きっとこれから日に日におしゃべり風になっていくんでしょうね。バブバブいっているのをきいて、この子こんな声してるんだと思ったり、なんだかまだ見ぬ人のベールが一枚ずつはがれていくような感じです。この子はいったいどんな子なんだろーと今からドキドキしています。




が、カエルの子はカエル


きっと、そっくりじゃん!この性格!とか、この爪の形似てる~とか、そんな風になっていくんでしょうね。





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村


ついに寝返りが本格化。この間まで横向きだったのが、裏返り始めました。でも裏返って、もとに戻るのに戦ってます。だいたい5回に一回くらいの割合で360度回転に成功し始めています 遠くから戦っている様子を眺める私ですが、楽しく挑戦してうきゃうきゃ言っている声がだんだんうめき声や悲鳴に変わり最後はぎゃん泣きに変わったら助けどき 

この前、寝返りを打ち始めて1週間ほどたったころ、うつぶせになりごろごろして遊んでいるぱいちゃんを見て、もうちょっとトライさせようと頑張る我が子にちょっと誇らしげに思いながらキッチンできばる声を聞きながら炊事すること15分。なんだか静かになったなーと思って心配になり駆けつけると、見事に裏返って仰向けになってたけど爆睡 がんばって疲れちゃったんですね。全力で子どもは成長しているんだなー。


がんばれ、ぱいぽこりん!
たくましく育つんだぞーー





応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。