上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





36w4dのぱいぽこりん♪
BPD:94.6mm
FL:65.9mm
推定体重 2480g改め2740g 計測ってどうなってる!?!?

36w4dの妊婦♪
子宮底長 32cm
腹囲 87cm
体重 妊娠前より+5.5㎏
足がむくんでる~こんな足みたことないです。足の甲が特にすごい…
そして、貧血出てます。Hb9.0 鉄剤の注射となりました



先日の帝王切開騒動後、初めての検診。でもみなさんからアドバイスや経験談や意見や優しい言葉いっぱいいただいて、手術前検査で疲れた体も癒えると、すっかり元気 すっきりした心持で検診に行ってきましたよ~ もう迷いも全くなく、納得した前向きな気持ちで帝王切開に臨めそうです!ほんとありがとうございました~



で、臨月は毎回行われるノンストレステスト。前回も書かなかったけどやりました。今回もぱいちゃんは相変わらず元気にごろごろ動き回っていました。もう、動くとほんと痛いです…力が強いうえに私はどちらかと言うと小柄な方なので、あんまりお腹の空間が広い方ではないような気がするんですが。なんといっても、ぱいちゃんに恥骨の下の方からわき腹超えて背中近くの肋骨にみぞおちの上の方までと触られる範囲が体の隅々にまで達してて、臨月はお腹下がると言われるけど、それでも端から端までぱっつんぱっつん。正直予定日まで普通にお腹にいてもらってたら大変なことになってそう その前に狭苦しくて我慢できずに出てきそうです(笑)

(エコー見ながら)
:「うわー隙間が全くないですね~(笑)もうお腹いっぱいにいますよ。大きくなったね!!パンパンなのによく動いてるし、お腹ぼこぼこでしょ??痛くない??」
:「痛いです…疲れちゃって」
:「そりゃそうでしょ!」
:「張ってるんだか胎動だかもう分かりません…」
:「これだけ子宮いっぱいに成長すると、動くとそれに合わせて張るけど、それはまた陣痛のような子宮収縮とは違うからね。全然張ってないし、手術予定日まではもつんじゃないかな~
:「もう張り止めも臨月入ってから飲んでません」
:「じゃー張りは大丈夫そうだね。体重は2480gですね」
:「????
:「どうしました?」
:「小さくなった…前回2500超えてたんですけど」
:「あ、そうですか…じゃ、もう一回」


(エコーで再測定しながら)
:「えーっと、この辺で…はい、2740gですね。エコーね、頭の大きさと、大腿骨の太さと、胴囲から推定するんですが、この時期胴囲は特に測定する場所でずいぶん測定値が変わってくるんですよね~しかもここまで子宮の中でぱつんぱつんになってくると、赤ちゃんのお腹の中の羊水も体を曲げた体勢なのでヘシャゲテ実際より細くなったりするしね。300gぐらい平気で変わってきちゃうんですよ~」
:「そうなんですね
:「でも、実際は小さくなったりすることないですから。それに、頭の大きさや太ももの骨の状態からみて2500gきってることはまずないですよ。なので、しっかり大きいので心配しないでくださいね



へーと説明に感心しつつ、確かに子宮底長も前回より大きくなってるし、大きくなってないはずないよなーなんて自分で納得してしまいました。ただし、出産に向けてそろそろ羊水は減りつつあるそうです。最後の数週間でお母さんの血液量や羊水は少し減るので体重も軽くなったりすることがあるらしい。私も減ってました。

で、マイナートラブルですがついにむくみが本格化。ほとんどなかったのですが、臨月に入って急にむくみが。足がサリーちゃんです。ゴムのあともすぐつくし、もともとむくみにくい体質なのでこんなに腫れた足見たことない!とビックリです。あと、貧血が…先月もHb値が下がり10。鉄剤処方されたけど、飲まずにいたらまた下がりついに9.0。薬を飲んでないことに気づいてる先生は、じゃー、確実だから鉄剤静脈注射しときましょーねーと。そっちの方がいいです。もう、便秘はいやだし(注射は便秘の副作用は全くないです!!)あんまり錠剤の鉄剤は効果ないし…先生もそんなこといってた(笑)


いずれにせよ、貧血とむくみを除いては検診は順調。そして来週も入院前にもう一回検診あります。パスしてもいいよっと言われたけど、気になるし、ぱいちゃんに会っときたいし、別にすることないのできまーすなんていいってしまいました 信じられないけど、次の検診の頃は38週です。ほんと正産期まで来たんだ…いろいろあったけど、会える瞬間が近付いて来てるんだと思うとそわそわする毎日です





今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村





スポンサーサイト







36w4dのぱいぽこりん♪
BPD:92.1mm
FL:--mm
推定体重 2619g ←2500g超えました!!!


36w4dの妊婦♪
子宮底長 31cm
腹囲 88cm
体重 妊娠前より+6.0㎏



今日は抜糸もあるし、念のためぱんだぱぱも同行。NSTもうけ、エコーでの診断も順調でぱいちゃんは元気に育ってくれていました。そして、2500gを超え、先生からもいつ出てきてもいいねという言葉ももらえ、ぱんだぱぱはエコーでぱいちゃんにあえて大満足 出だし好調の検診だったのですが…


抜糸前に最後の確認と言うことで、C型肝炎と分娩方法についての説明を二人で聞くと自分たちが今まで内科医から聞かされていた内容とはずいぶん違った内容でビックリ。微妙な数字なんです。感染率やこれまでの臨床内容が。これまで聞かされていたデーとは結構な差があり、本当に経膣分娩していいのかと迷ってしまうはめに。私の肝臓のウィルス検査の内容は大して以前と変化はなく、ただただ、現在の医療の現場のC型肝炎妊婦の臨床結果データや現状への理解がずいぶん食い違っていたんですよね。もう少し早く話す機会が欲しかった…先生はすごく誠実でかなり虚飾性のない人だから、ぶっちゃけいろいろな自分たちのトラの巻き的な普通患者には見せない資料やテキストなど見せてくれ、ありのままのデータを口頭ではなくすべてを提示してくれたので、そういうことなんだと納得できたことがいっぱいで、なにが食い違ってどういう誤解をもっていたのかはよくわかったし、専門フィールドが違う(産科医と内科医)とデータへの理解も説明もここまで変わってしまうのかとちょっと唖然。でも時間はコクコクと迫っているので、決めないといけないし…


結局、抜糸に関しては来週でも間に合うよと言うことで、それで抜糸は取り合えず1週間先まで延期。そして、とりあえず、帝王切開の手術予約して帰ってきました。ちょっと無茶を言うことになるけど、気が変わったら経膣分娩に戻すということです。手術は病院の手術スケジュールがタイトなので、予約を入れておかないととんでもない日取りに帝王切開することになりそうだったのでちょっと早急な決断をとりあえずしてきました。朝8時から手術検査の終了する夕方5時まで病院



ほんと疲れた…



考えるべき要素がいっぱいあって診察前後の短時間では正直答えを出すのは無理。でも、今のところ、手術の予定がタイトなのもあって帝王切開の手術予定入れてましたが、正直まだ決めかねています。基本は私たちの意思に任されているんです。それがガイドラインの趣旨であり、C型肝炎の出産の現状のようです。C型肝炎の帝王切開と自然分娩について何を悩んでいるか、どう説明されているか、どう私たちが思っているかについては、ちょっと今日のこのブログじゃかき切れないので、改めて、別にアップしますね。



最後のこの時期に来ての大どんでん返しで、精神的にきついです。ただ今混沌と悩み中…






今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村









34w5dのぱいぽこりん♪
BPD:--mm
FL:--mm
推定体重 --g 


34w5dの妊婦♪
子宮底長 29cm←前回と変わらず
腹囲 84cm←前回より-2cm
体重 妊娠前より+4.2㎏←前回より+0.2kg


今日は助産師外来の検診に行ってきました 担当の産科医のゆるゆる先生ではなく、助産師さんによる相談&検診で、2時間ほど長ーい時間かけて赤ちゃんの様子見たり、相談にのってもらったりしてきました♪助産師さんだったせいか、赤ちゃんのエコーは見せてもらったけど測定はなくちょっと残念。お腹は見た目大きくなってるけど、そくていすると小さくなってるし、ちゃんと成長しているのかな?いまいち体重とか増えなくて、いいことかもしれないけど、特に制限しているわけでもないのでちょっと不安です。太らない体質なんでしょうか?赤ちゃんが成長さえしてくれていれば別にどうでもいいんだけど この3月末から体重は横ばいで全然増えない…臨月で増えることを祈ってます。

ま、測定内容の不安はさておき、エコーでみるぱいちゃんは大きくなっているように私には見えたんだけどなー。かたくなにお腹の右側から動こうとせず、この1カ月背中はずーーーと右腹。なにがあっても、右腹に背を向けて、足を右わき腹から左わき腹に伸ばしている姿勢を継続中。たまの寝返りはありますが、それでも、またかたくなに右にもどる(笑)胎盤が左上にあるのできっとそのせいなんだろうけどこの頑固な感じは性格を表してるんでしょうか???だれかにそっくり



今日はバースプランや実際の分娩の打ち合わせのような確認のような感じで、助産師さんと相談。おもな内容は、C型肝炎なので分娩方法をどうするのか?ということ。そして子宮頸管無力症の抜糸以降~陣痛が始まるまでの手順の確認。母乳についての相談なのでした。しかし、肝心のバースプラン未定なんですよね…


基本、経膣で産科的には今のところ問題ないのですが、分娩方法に関しては35週あたりで採血してウィルス量で決定と言う当初の方針通り、その結果次第で次回の診察の際に決定するということになってるんです。自然分娩なら次回の検診で抜糸する、帝王切開になるなら抜糸はしない。なので、今は未定の状態…ちなみに、抜糸して経膣分娩になったときは、抜糸以降はウテメリンなどの張り止めは服用中止で、陣痛が始まったら進行が速いので早めに来院することになっています。


それ以外は普通と同じ。母乳についても特に制限はないそうです。これはあくまでも私の通っている病院のプロトコル。分娩の際の大量な出血や胎盤を通じての感染のほうがはるかに確率が高く、母乳での感染は基本ないとの考え方で、ただ、乳首が切れたりして出血しているときはおっぱいをあげないなどの緒注意はあるし、その意味でリスクが低いながらもあるからその辺は自分の選択しだいのようです。その辺は妊娠の時点で自分がC型肝炎であるということである程度の覚悟はできていましたが、いざ出産となるとそれはそれで考えちゃいます。どうするのがベストかな?って。ただ、現在入院中のC型肝炎ママや多くの人は母乳育児されている方が圧倒的に多いとか。ママの考え方次第のようです。そん辺は、次回、また担当の医師の意見もきいて決めていこうかな。

何よりも分娩の時のリスクが一番高く、自然分娩で3-5%程度の感染リスクがあるようです。帝王切開だと3%前後になるかもという不確定な報告があるのみ。この2%の差をどう見るかですよね。たった2%と思うか、2%も違うと見るか…母乳からの感染はそれよりもぐっと低い模様です。ウィルス量が多いと帝王切開にした方が少しでも安全だと思うので、やはり、検査結果をみて担当医とよーく相談してきめます。それまでは、どうにも決めれないので、ゆっくりぼーっといろんな事態をイメージしながら考えていきたいと思います。それに、まずは抜糸までシロッカー糸がもつように頑張らないと!!!


それにしても話がどんどん具体的に現実味を増してきて、産むんだーという実感がわいています。ちょっと怖いような未体験な感じに戸惑っています 責任感じるな…












今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村









32w6dのぱいぽこりん♪
BPD:83.9mm
FL:--mm
推定体重 1980g 


32w6dの妊婦♪
子宮底長 29cm 
腹囲 86cm 
体重 妊娠前より+4.0㎏




昨日検診に行ってきました


ぱいぽこりんはもうすぐ2kになろうとしてくれてて標準的なサイズで成長中。今回も逆子にもならずにこのままこの位置キープしてくれますように。でも、なぜだか両膝をそろえて正座しているぱいちゃん(笑)先生も珍しー格好してますねーって。まるで、笑点にでてくる落語家かお仕置きされてる子どものようでした

この日は後期エコーだったので、30分くらいかけて担当医とは別の先生がエコーで胎児の内臓や成長ぶりを診てくれました。心臓はしっかり4つ部屋があって元気に動いてたし、脳も各部分が均等に成長してたし、胃も適度な大きさで消化活動してたし、腎臓も二つあり腎臓周辺、膀胱周辺の血流もしっかり流れ、全体の骨格にも問題なく、所見特筆なしということで、無事にクリアーしました♪良く動いていたので、元気そうですよと言ってもらってこれまたうれしー♪♪最近の胎動による暴挙に寝不足気味で簡便してほしーなーと思ってましたが、多少の暴れん坊は多めにみないと。元気じゃないと心配ですしね。

私はちょいと貧血が出てきたようで鉄剤を処方されました飲むか飲まないか思案中…ここはヒジキと切干大根で頑張るべきかな?というのも、赤ちゃんの成長には影響ないけど、母体がしんどいことと、産後の肥立ちが大変になりがちなんですって。赤ちゃんはどうやら、この程度の軽い貧血なら、自分の成長に必要な栄養素は勝手にしっかり取ると聞かされると、ますます、薬嫌いの私は飲まない方向に… でも、貧血以外は問題なし。へその緒の状態もよく、胎盤も立派に大きくなり位置も問題なし。子宮頸管はとにかく抜糸までの3週間ほどこのままもってくれればというそれだけです!


今日から33週。そして今月終わったらいよいよ抜糸…ちょっとドキドキです


今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村









30w5dのぱいぽこりん♪
BPD:79mm
FL:57mm
推定体重 1680g 
頭位を維持してました!このまま頑張れ

30w5dの妊婦♪
子宮底長 26cm なぜだか前回より-1㎝
腹囲 84.5cm これまた前回より-0.5cm
体重 妊娠前より+4.2㎏



2週間で約500グラムも成長してくれたぱいぽこりんは標準的なサイズで成長中。逆子にもならずにいい子ぶりを発揮してくれてます


それに引き換え私はというと問題続出でした


最近、子宮頸管あたりが引っ張る感じがあって、ひきつれるというか、ちょっと引っ張られて痛いのでそろそろ来たかと思ってたんですが、そのこと先生にいったら、内診することになりました。そして尿道あたりに痛みのようなかゆみのような違和感があってですね…感染症かと恐れてそのことも調べてもらいました。


まず、子宮頸管ですが、これは縫ったところでかろうじて止まっている状態で、私自身の子宮頸管ののりしろはゼロ!!縫縮手術をしてなかったらアウトってことですあとは、張りに気をつけて縫合テープが切れないように頑張るだけ!幸いにも張りは酷くないみたいなので、特に縫合部分に亀裂が入ったりテープが外れかけているということものなくがっちり掛かっているみたいですが、冷や汗ものでした だんだんぱいちゃんも重くなってくるので、ますます張りには気をつけないと 気合だ、気合!

そして、感染症はおりもの検査も問題なく、尿検査の結果、多少の膀胱炎の疑いがあるかもと言うことで、早めの処置として3日分抗生剤を処方されました。たぶん、頻尿のせいでしょっちゅうトイレにいって拭き過ぎてたみたいでちょっとしたかすり傷が尿道近辺にあったみたいです。やさしく拭かないと… でも感染症起こすと張りも酷くなりやすいし、破水になったりするし子宮頸管無力症には大敵なのでこれまた気をつけないと。


そして先生から重大発言が…

:「で、そろそろ抜糸のこと頭においててくださいね~36週で診察のついでにしますからね。たぶんぱんだぱぱさんの場合、抜糸後1-2週間でお産になるような感じでイメージしといてくださいね~♪♪」
:「は、はい予定日までは…」
:「たぶん早めになりますね。抜糸してすぐってわけではないんですよ。縫ったところが硬くなってますからね。でも、抜糸後1-2週間で通常(子宮頸管無力症の妊婦さんの場合)子宮口が開いてきますからね。ま、その頃ならいつでもでてきて赤ちゃん大丈夫ですから~
:「わかりました。ではそのつもりで…」


相変わらずニコニコ重大なことをゆるく発言する先生に度肝を抜かれながら、出産をリアルに感じちょっとびびってしまいました。なんか、先生に出産のこといわれるとすぐやってきそうで、なんだか慌ててしまいましたよ…心の準備が全然できていない!!!


まだ何にも準備してないし、予定日より早い宣言されたし、ま、普通でも早産の可能性は高いわけだからそろそろ準備せねば。今日はなんだかドラマチックな検診日…(笑) 「ぱいちゃん、少し予定日よりは早く出てくる羽目になりそうだから、しっかりそれまでにエネルギー蓄えて大きくなってね~」とお腹をさすりながら病院を後にする私でした




今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。