上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今日は具体的な対策編です!昨日の鍼灸院でのアドバイスも含めちょっとまとめてみました いろいろな方法ありますねーーちょっと長いですが、自分に役立ちそうなところピックアップして読んでもらえてら助かります!



その1 食生活の改善
まず、砂糖、油、肉類、豆腐類、果物類、乳製品を避けてシンプルで消化のよい食生活にしばらく変更。パンやお菓子はもってのほか。少食を心がけます。お砂糖は体冷やすし、油も。油の多い肉や揚げ物は避けた方が無難です。果物も糖分が多く、砂糖の塊とおなじらしいです。


そして、ついでに食養しして空腹時に梅正番茶(梅干しに熱ーい番茶を指して、醤油と絞り生姜を数滴たらして熱いところを飲みます)を飲むのは効果的です!お腹ぽかぽかで、冷え症や便秘や下痢も改善できます!

すぐに効果は出にくいにしろ治療や体操と併用することで効果を引き出してくれます。縁の下の力持ち的な役割果たしてくれますので、だまされたと思って…


その2 足湯

予防的な意味が強いですが、週数にまだ余裕のある方はまずおためしあれ!これは本当にぽかぽかになります。なぜだかお腹がぽかぽか。それもそのはず、ひざ下には三陰交をはじめ大事なツボが満載で、それを温熱で刺激してくれているんですね。立派なツボ両方です。足湯の方法はこちらに詳しくありますので参考にしてください。お灸がなくても、バケツと一つかみの自然塩があればできるのもお手軽でいいです!



その3 三陰交のお灸

こちらも予防的な意味が強いですが、週数にまだ余裕のある方はまずおためしあれ!簡単にせんねん灸で三陰交にお灸するだけ。するときの注意は、熱すぎると刺激が強いし低温やけどになるので、ぽかぽかっと感じたら止めることです。できれば、上で紹介している足湯とかして体の血流が良くなったときにすると効果倍増です。そのときは低温やけどに気をつけてくださいね。足湯とかしたら、しばらく血流が落ち着いてからのんびりしたほうがいいと思います♪

三陰交にお灸すると、ぐにょぐにょっとぱいちゃんは伸びをするように動きます。なんだか気持ち良さそう。子宮が緩んで快適なんでしょうねー。



その4 逆子体操
ハードコアですが、30週過ぎてだめならと病院でも勧められました。ただし、張りやすい人や子宮頸管無力症の人はしない方がいいという意見もあって、私の場合もいよいよになるまではやらないようにと言われてます。

①四つん這い:お腹まわりの筋肉などが一番ゆるむ姿勢なので赤ちゃんが動けるスペースも広がり回りやすくなる。1日30分以上。

②お尻突き出し猫がぐーっと伸びをしているみたいなポーズ:頭と肩を床にすりつけるようになるべく下げて、お尻を上に突き出したポーズ。頭が重い赤ちゃんが、お腹の中で回りやすくするためで、夜寝る前が効果
的。5分ほどした後、右か左かお腹の赤ちゃんの背中側を上にして横になり寝まる。
12696124074bacbf7757f17_import.gif

③逆立ちのポーズ:三点倒立でOK{びっくり}5分ほどしてお腹の赤ちゃんの背中側が上になるようにして横になる。できない人もいますよね…

などなどいろいろあるみたいです。


その5 逆子の鍼灸治療
30週過ぎても逆子でいよいよ切羽詰まってるときは鍼灸治療を試すのも一つ手です。鍼灸での逆子治療は定評あるみたいです。8割から9割は治ると言われています。私の通う鍼灸でもそうですが、陰交と至陰というつぼにお灸をするのを中心に治療してくれます。まずは、専門家に診てもらって施術してもらうことお勧めします!


三陰交と至陰のツボについてはこちらで詳しーく紹介してます。三陰交の位置も図で紹介してますので参考にしてください!調べているうちに、ますます、逆子の仕組みにビックリ なんだこういうことなんだーーーと、ついつい詳しく調べてしまい、今回書ききれず…興味ある方はぜひ読んでくださいね




今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村






Secret

TrackBackURL
→http://hellopiepoco.blog6.fc2.com/tb.php/11-fd7f06ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。