上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




実は中期モニターのとき、ぱいぽこりんは逆子ちゃんでした これまで、横向きだったり正常だったり毎回毎回全然違うところにいるので、ぱいちゃんには子宮はまだ余裕でくるくる自由に宇宙遊泳できるくらい大きいみたいです。ま、この時期はこういうもんだからぜんぜん気にしないでねーと先生も言っていたし、ほとんどの場合は27週~30週位には自然に頭位になって位置が固定されるそうです。でも、のんびりスローにそろそろ対策しておこうかなとちょっと思う今日この頃 


だって手術いやだーー


理由は、帝王切開がいやとか、自然分娩がいいとかそういうことでもなくて、赤ちゃん無事に生まれればそれが一番なので、その辺何が何でもみたいなこだわりは全くないです。ただ、シロッカー手術のとき麻酔の副作用で3日間吐きまくり経験をした私としては、麻酔がいやなのです…そしてその時の体験もまだ生々しく残っているくらい最近のことなので。いまいち気が進まない。せめて、1年くらい経ってからだと立ち向かう気もするんですがね~(笑)


話は脱線しましたが、分娩だけでなく、逆子の時ってぱいちゃんのキック位置が膀胱の真裏であんまし気持ちよくないしなんか落ち着き悪い…(笑) できればこれからの時期お臍のあたりや胃の周辺をキックしてほしいなーって思うのも一つあり。きっと出産前だとなおさら頻尿になって辛いんだろうなー それにシロッカー後の私にとっては逆子だと張りやすいという情報が気になる…やばい



一般的な逆子ちゃんの原因ってこんな感じみたいです


①子宮筋腫など子宮そのものに原因がある
②子宮口付近に胎盤がある(前置胎盤)
③羊水が多過ぎて、赤ちゃんの頭を固定できない
④ママの呼吸が浅いので、赤ちゃんが頭をみぞおち部分(横隔膜の下)に置いても平気
⑤おなかが冷えているために、赤ちゃんが頭を下に置きたがらない←冷えです!
子宮周辺が緊張して固くなっているので赤ちゃんが身体を反転できない←張りです!
⑦その他には、風邪をひくと東洋医学的に一時的になり逆子になりやすいそうです。それにママが<太>疲れても逆子になりやすい←冷えと張りが起きやすい状態!


前半はともかく、後半の④以降は自分で少しでも改善できたり予防になりそうなことできそうかな…そして、確かに検診前からここ1週間風邪ひいてるし(笑)いずれにしても冷え&張り対策ってことですよね? 風邪もほぼ治りかけていますが、体調整えて長引かないようにしっかり治さないと!


逆子だと張りやすい=子宮頸管無力症の人にはよくない!という方程式が見事に成り立つので、ここは要注意ですちょっと予防的な意味も含めて対策に乗り出さねば~






今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村


Secret

TrackBackURL
→http://hellopiepoco.blog6.fc2.com/tb.php/14-fdbb92eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。