上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




34w5dのぱいぽこりん♪
BPD:--mm
FL:--mm
推定体重 --g 


34w5dの妊婦♪
子宮底長 29cm←前回と変わらず
腹囲 84cm←前回より-2cm
体重 妊娠前より+4.2㎏←前回より+0.2kg


今日は助産師外来の検診に行ってきました 担当の産科医のゆるゆる先生ではなく、助産師さんによる相談&検診で、2時間ほど長ーい時間かけて赤ちゃんの様子見たり、相談にのってもらったりしてきました♪助産師さんだったせいか、赤ちゃんのエコーは見せてもらったけど測定はなくちょっと残念。お腹は見た目大きくなってるけど、そくていすると小さくなってるし、ちゃんと成長しているのかな?いまいち体重とか増えなくて、いいことかもしれないけど、特に制限しているわけでもないのでちょっと不安です。太らない体質なんでしょうか?赤ちゃんが成長さえしてくれていれば別にどうでもいいんだけど この3月末から体重は横ばいで全然増えない…臨月で増えることを祈ってます。

ま、測定内容の不安はさておき、エコーでみるぱいちゃんは大きくなっているように私には見えたんだけどなー。かたくなにお腹の右側から動こうとせず、この1カ月背中はずーーーと右腹。なにがあっても、右腹に背を向けて、足を右わき腹から左わき腹に伸ばしている姿勢を継続中。たまの寝返りはありますが、それでも、またかたくなに右にもどる(笑)胎盤が左上にあるのできっとそのせいなんだろうけどこの頑固な感じは性格を表してるんでしょうか???だれかにそっくり



今日はバースプランや実際の分娩の打ち合わせのような確認のような感じで、助産師さんと相談。おもな内容は、C型肝炎なので分娩方法をどうするのか?ということ。そして子宮頸管無力症の抜糸以降~陣痛が始まるまでの手順の確認。母乳についての相談なのでした。しかし、肝心のバースプラン未定なんですよね…


基本、経膣で産科的には今のところ問題ないのですが、分娩方法に関しては35週あたりで採血してウィルス量で決定と言う当初の方針通り、その結果次第で次回の診察の際に決定するということになってるんです。自然分娩なら次回の検診で抜糸する、帝王切開になるなら抜糸はしない。なので、今は未定の状態…ちなみに、抜糸して経膣分娩になったときは、抜糸以降はウテメリンなどの張り止めは服用中止で、陣痛が始まったら進行が速いので早めに来院することになっています。


それ以外は普通と同じ。母乳についても特に制限はないそうです。これはあくまでも私の通っている病院のプロトコル。分娩の際の大量な出血や胎盤を通じての感染のほうがはるかに確率が高く、母乳での感染は基本ないとの考え方で、ただ、乳首が切れたりして出血しているときはおっぱいをあげないなどの緒注意はあるし、その意味でリスクが低いながらもあるからその辺は自分の選択しだいのようです。その辺は妊娠の時点で自分がC型肝炎であるということである程度の覚悟はできていましたが、いざ出産となるとそれはそれで考えちゃいます。どうするのがベストかな?って。ただ、現在入院中のC型肝炎ママや多くの人は母乳育児されている方が圧倒的に多いとか。ママの考え方次第のようです。そん辺は、次回、また担当の医師の意見もきいて決めていこうかな。

何よりも分娩の時のリスクが一番高く、自然分娩で3-5%程度の感染リスクがあるようです。帝王切開だと3%前後になるかもという不確定な報告があるのみ。この2%の差をどう見るかですよね。たった2%と思うか、2%も違うと見るか…母乳からの感染はそれよりもぐっと低い模様です。ウィルス量が多いと帝王切開にした方が少しでも安全だと思うので、やはり、検査結果をみて担当医とよーく相談してきめます。それまでは、どうにも決めれないので、ゆっくりぼーっといろんな事態をイメージしながら考えていきたいと思います。それに、まずは抜糸までシロッカー糸がもつように頑張らないと!!!


それにしても話がどんどん具体的に現実味を増してきて、産むんだーという実感がわいています。ちょっと怖いような未体験な感じに戸惑っています 責任感じるな…












今日もすくすくぱいちゃんが育ちますように応援のポチお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ
にほんブログ村





Secret

TrackBackURL
→http://hellopiepoco.blog6.fc2.com/tb.php/73-469c7033
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。